話し声と歌声の解剖学的、生理学的、神経学的、生体力学的基礎:序論。

原文はスペイン語。より広い普及を達成するために人工知能によって翻訳された。翻訳に誤りがある場合は、英語またはスペイン語でご連絡ください。ご理解ありがとうございました。

話し声も歌声も、発声は非常に複雑なシステムが正しく機能し、調整された結果である。いつものように、脳はすべてのプロセスを開始し、維持する器官である。発声には、脳のさまざまな領域に対応する認知的側面と運動的側面があります。脳は、認知の観点から発声情報を整理すると、それに対応する運動命令を送り、発声を行います。そして、すべてが正しいか、修正すべき点があるかを知らせる体性情報を受け取ります。運動コマンドはまず呼吸器系によって受信され、呼吸器系は声帯を振動させるための空気の供給と調整を行う。その結果、音は調音器官によって修正される。

つまり、声を出す主なシステムは、神経系、呼吸器系、発音系、調音系です。発声に関係する脳の領域に問題がある場合、解剖学的変化がある場合、筋骨格系に十分な筋緊張がない場合、生体力学的側面がうまく調整されていない場合、または関係する生理学的プロセスが最適に機能していない場合、声は出ないか、または出にくくなります。

少しずつ、声の生成に関わるシステムや側面について、順序立てて説明していきます。通常、医療やリハビリの専門家にとっては何の秘密もない情報ですが、音声学者や芸術的な話し声や歌声の教師など、声を扱う他の専門家にとっても興味深いものでしょう。このセクションの項目が、あなたの知識レベルに関係なく、また、声の仕組みの謎に触れたい人にも、さらに深くこの分野の最新の知見を知りたい人にも役立つことを願っています。

さらに詳しく

  • Patología de la voz (2013). I. Cobeta, F. Núñez, y S. Fernández (eds.). Barcelona: Marge Medica Books.

発行者Pilar Lirio, 2023年8月



Citar este post
Pilar Lirio (2023, 6 septiembre). 話し声と歌声の解剖学的、生理学的、神経学的、生体力学的基礎:序論。. Sottovoce. Recuperado 17 de abril de 2024, de https://doi.org/10.58079/uhqj

Deja una respuesta

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.