音の質(I):音色と声質

原文はスペイン語。より広い普及を達成するために人工知能によって翻訳された。翻訳に誤りがある場合は、英語またはスペイン語でご連絡ください。ご理解ありがとうございました。

音の4つの知覚的質(強さ、高さ、音色、持続時間)のうち、最も議論の的となっているのが音色である。RAE(スペイン王立言語アカデミー)によれば、音色とは「聴き手に与える影響によって決まる音の質」である。しかし、アメリカ音響学会はヘルムホルツの定義(1954年)を採用し、音色は確かに2つの音を区別できる知覚特性であるが、そのためには両方の音の強度と基本周波数が同じであることが必要であるとしている。また、異なる著者による音色の定義もいくつか紹介されています。

ピッチはヘルツで周波数を、強さはデシベルで振幅を、秒単位で持続時間を測ることができる。論争の的となる品質であることに加え、音色という言葉自体も文献上では疑問視されている。

ほとんどの著者は、音色と声質は同義語であると考えている。Sapir(1927)やDrake(1937)が最初で、Laver(1975)、 Dejonckere and colleagues(2001)、Kreiman, Sidtis and Gerrat(2008)、Hewlett and Beck(2013)など多くの著者がこれに続いている。Scherer et al. (2013)は、声質という用語は、音色または声色として知覚されるものを指すと説明しています。しかし、音色はどのような音でも指すことができるため、声について話すときには声質という用語が好まれることが多い。この意味で、Crystal(1976)は音色を声質とは異なると考えている。この著者にとって、音色という用語はあらゆる音の響きに適用されるのに対し、声質という用語は、その違いが言語的なコントラストを生み出す場合にのみ話すことができる。

声質という用語についても議論がある。Sundberg (2013) は、スペクトルの低音フォルマントに見られる母音の質と、高音フォルマントに依存するヴォイシングの質を区別している。

spectrogram_-iuaフォルマント: 音のエネルギーが最も集中する周波数スケールの領域。また、声道の各共振と定義することもできる(Gil, 1988)(画像引用元: CC BY 2.0)。

しかし、声質という用語でさえ議論がある。 広義には、ほとんどの著者が音色と声質は同義であると考えているため、私たちが知覚し、ある声と別の声を区別するのに役立つこれらの特徴は、いくつかの要因によるものであると言える。第一に、話し手の解剖学的構造、第二に、話し手が喉頭筋組織を用いて行う調整、第三に、声門上構造、すなわち調音系によって行われる調音調整です。

gray956

gray953声門と喉頭の構造。画像はHenry Vandyke Carter [Public domain], via Wikimedia Commonsから引用。

 

 

Honikman (1964)、Laver (1968, 1980)、Esling (1983)などは、声の質はこれらすべての構造がどのように組み合わされ、調整されているかによって決まると考えている。しかし、他の著者は、声門音源によって生成される音と、すべての上喉頭調音構造によって生成される音を区別する必要があると考えている。そして、声質は発音様式から区別され始める。この複雑なテーマについては、またの機会に譲ることにする。

参考文献

  • Crystal, D. (1976): Prosodic systems and intonation in English, (Vol. 1), Cambridge University Press Archive.
  • Dejonckere, P. H.; Bradley, P.; Clemente, P.; Cornut, G.; Crevier-Buchman, L.; Friedrich, G. y Woisard, V. (2001). “A basic protocol for functional assessment of voice pathology, especially for investigating the efficacy of (phonosurgical) treatments and evaluating new assessment techniques”, European Archives of Oto-rhino-laryngology, 258(2), pp. 77-82.
  • Drake, O. J. (1937): “Toward an improved vocal quality”, Quarterly Journal of Speech, 23(4), pp. 620-626.
  • Esling, J. H. (1983): «A laryngographic investigation of phonation type and laryngeal configurations», Working Papers of the Linguistics Circle, 3 (1), pp. 14-36.
  • Gil Fernández, J. (1988): Los sonidos del lenguaje, Madrid, Síntesis.
  • Helmholtz, H. von (1954): On the sensations of tone as a physiological basis for the theory of
    music, A.J.Ellis (ed. y trad.), New York, Dover, (Publicado originalmente en 1863).
  • Honikman, B. (1964): «Articulatory settings» en D. Abercrombie, D. B. Fry, P. A. D. MacCarthy, N. C. Scott y J. L. L. Trim (eds.) In honor of Daniel Jones, Londres, Longmans, pp. 73-84.
  • Kreiman, J.; Vanlancker-Sidtis, D. y Gerrat, B. R. (2008). «Perception of voice quality» en D. B. Pisoni y R. E. Remez (eds.), Handbook of speech perception, Blackwell, pp. 338-362.
  • Laver, J. (1968): Voice quality and indexical information. International Journal of Language & Communication Disorders, 3, 1, pp. 43-54.
  • Laver, J. (1975): «Individual features in voice quality», Ph.D. dissertation, University of Edinburgh.
  • Laver, J. (1980): The Phonetic Description of Voice Quality, Cambridge, Cambridge University Press.
  • Sapir, E. (1927): «Speech as a Personality Trait», American Journal of Sociology, pp. 892-905.
  • Scherer, S.; Kane, J.; Gobl, C. y Schwenker, F. (2013). «Investigating fuzzy-input fuzzy-output support vector machines for robust voice quality classification», Computer Speech & Language, 27(1), 263-287.
  • Sundberg, J. (2013). «The perception of singing» en D. Deutsch (ed.), The psychology of music, Elsevier, pp. 59-98.

発行者Pilar Lirio, 2023年8月



Citar este post
Pilar Lirio (2023, 12 septiembre). 音の質(I):音色と声質. Sottovoce. Recuperado 14 de abril de 2024, de https://doi.org/10.58079/uhqm

Deja una respuesta

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.